FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジッパーに挟んで絶叫

人には誰にでも「あれは激痛だった」という思い出があるはずです。私が今も「まざまざ」と思い起こすことができる激痛経験は、数年前にジーンズのジッパーにチンコの皮(側部)を挟んだときのものです。

いつものように会社のトイレで小用を足し、雫を切ってチンコをしまった後に悲劇は起こりました。途中ちょっと引っかかりがあったにも関わらず、男らしくジッパーをトップまで一気に引き上げる私。いま思えば、この引っかかりこそが我が出しゃばり愚息のわき腹(正確にいえばタートルネックのネック部分)だったわけです。

突然沸き起こった股間の刺すような痛みに、「はぁうっ!」。私の頭の中はパニックですが、まだこの時点では何が起こっているのか分かってません。複数の毛がジッパーに捲き込まれたのかもしれないなと予想しましたが、痛みの震源は、そんなフモトの方ではなく、山の中腹あたりだったので、限りなく不吉な予感は感じてましたが。

とりあえず、本能的にジッパーを(戻し)降ろしますが、上げる途中にも引っかかった場所にジッパーが近づくな否や、痛みは玄海灘。もう、この時点で半泣きです。と同時に「こ、こりは、もしや捲き込み事故!?俺そのものをジップアップしてしまったのかぁっ!」と悟ります。が、後悔しても遅いのでした。

どうにもならず、激痛の中途方に暮れますが、こんなシーンを他人に見られたくない、という理性は働きましたので、とりあえずトイレ個室に入りました(超小股歩きで)。個室に入り、とりあえずは現状を確認しなければと思い、便座に座ろうとしますが、座ることによって皮が引っ張られて、つーかチギレそうに痛くて、とても無理な状況です。しょうがないので、立ったまま確認です。背中を最大限丸めつつ、腰を前に突き出すポーズをとり、そぉっと股間を凝視。

..きっちり編み込まれています。
ガッチリ組み合わさったジッパーから、2箇所ほどチン皮が各5mmくらいのぞいています。

この状況はまさしくチンコの編み込み、もしくは手編みのチンコ(それは違うものだな)。相撲に例えるなら「がっぷり四つ」。状況は最悪です。

しかし人間というのは不思議なもので、状況をはっきり把握できると、自然と冷静になり、未来への希望も湧いてくるのです。ちょっと余裕ぶって、わがチンコ皮の変化自由ぶりをちょっと誇らしく思ったり。両側からがっちりジッパーに編み込まれたチンコ皮に、意味もなく自分の会社の上司の姿を重ね合わせて、世の哀れを感じてみたり。ま、そんなアホなこと考えている場合じゃねえのですが。刺すような痛みは益々強くなってきます。

とるべき道はふたつ。『一気に降ろす』か『じわじわ降ろす』かです。「一気に降ろす」は、いくらなんでもリスクが高すぎです。武勇伝と引き換えに皮がちょん切れるなんて、何としても避けたい。大体、編み込まれた皮の上を、あの戦車みたいなジッパーの金具が猛スピードで通過するなんて、考えただけでも恐ろしい。

いかにデクの坊といえども、そこはかわいい我が息子。傷ものにはしたくありません。第一そんなことしたら、ケガが直るまで、しばらく使えないではないか。それは困る。絶対に困る。性身ともに充実しているこの季節、丸腰で過ごすことだけは避けたい。

迷いなく「じわじわ降ろす」を採用です。そーっとジッパーの金具を事故現場の1cm手前まで降ろします。そこからはホントに牛歩戦術です。X地点まで、あと5mm、4mm..3mm...2mm....イチミ..「ぃでーーーーーーーーーーーっ!」。

ものすごい鋭角的な痛みです。顔面から脂汗が吹き出してきます。恐怖感と想像力のシナジー効果によって、痛みは気前良くメーターを振り切ってます。原子炉だったらメルトダウン寸前ってとこでしょうか。でも、もう後戻りはできません。ここでカタを付けなければ、本当にレスキュー隊を呼ぶはめになりますから。ここからのジッパー移動は、まさにミクロン単位で行いました。しかも、ジッパーの金具を移動することはせず、両脇の線路をちょっとずつ広げていく作戦を取りました。そんなこんなで、作戦開始から5分くらいかかって、めでたく愚息は開放されましたのです。その時の安堵感は今でも忘れられません。正直その場でタバコを吸いたかったです。

愚息はまだ鈍い痛みを伴なっていますが、皮がチョン切れることは避けられました。確認してみると、くっきりと赤紫色をしたジッパーの爪痕が残り、ちょっと血がにじんでいます。見ようによっては、マンガで良く見られる怒りマークのようにもみえます。これで勃起したら、まさに怒張といったところです。もしくはイキリ立つってかんじでしょうか。シツコイ?ごめんなさい。

人気ブログランキングへ

テーマ : 雑記
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

(〃ω〃)キャァ♪

も~ほんとに大爆笑させていただきました(ノ≧▽≦)ノ

あたしの息子にも、こういった経験があるのかしら?
なぁ~んて思っちゃったりして(*≧m≦*)ププッ

大事に至らず良かったですd(ゝω・´★)ネッ!!

No title

ZEROさん

コメントありがとうございます!
いやあ、今でも当時のことを思い出すと、イヤな汗がじんわり滲みます。息子さんにも、ぜひ注意喚起をおねがいいたしやす。

(*≧m≦*)ププッ

何か悲しい出来事が起こったら、この記事を読みに来ますw
笑っちゃ~いけないと思いつつ…(●≧艸≦)キャハハッ♪

出張から帰ったら、息子に聞いてみよう~っとww

RE:(*≧m≦*)ププッ

ZEROさん

笑っていただけて、私もうれしいです。
息子さんが遠い目になったら、それは「経験者の証」です。

痛そう!

そんなことがあるんですねe-451
私は女性ですが、男性のデリケートな部分だけに痛そうデスe-350e-330

レスキュー隊を呼ぶ?ニュースの珍ネタになりそうです(笑)e-343
でも無事で良かったですねe-287

Re: 痛そう!

kaoさん

コメントありがとうございます!
ほとんどの男性はこんな目にはあってない
ようですね。
あれ以来ジップアップ動作は慎重になりました!
プロフィール

チェリーBOY

Author:チェリーBOY
最近、コンビニのエロ本コーナーが以前ほど
気にかからなくなってきた。
枯れてきた? マズい..

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ相互リンク関連
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。